【通常価格】『亜鉛イオノフォア』サプリメント(栄養機能食品)Husam Dabbagh 博士監修/植物ポリフェノール(緑茶カテキン EGCg・ケルセチン)高配合(長野県製造)/メール便
5f79d48507e1636fd131299a 5f79d48507e1636fd131299a 5f79d48507e1636fd131299a 5f79d48507e1636fd131299a 5f79d48507e1636fd131299a 5f79d48507e1636fd131299a 5f79d48507e1636fd131299a 5f79d48507e1636fd131299a 5f79d48507e1636fd131299a 5f79d48507e1636fd131299a 5f79d48507e1636fd131299a 5f79d48507e1636fd131299a 5f79d48507e1636fd131299a 5f79d48507e1636fd131299a 5f79d48507e1636fd131299a

【通常価格】『亜鉛イオノフォア』サプリメント(栄養機能食品)Husam Dabbagh 博士監修/植物ポリフェノール(緑茶カテキン EGCg・ケルセチン)高配合(長野県製造)/メール便

¥3,980 税込

送料についてはこちら

 ◇◇◆通常価格◆◇◇ ★安心の世界基準ISO・国内基準GMP取得  国内認定工場(長野県)にて製造 ★1カプセルに約1.5L相当のEGCgカテキンを配合  (一般的なペットボトル緑茶11種からの換算) ★バイオ研究者による監修  <監修者>  スペイン 生物化学研究 Husam Dabbagh博士 ★単体では細胞膜を透過できない「亜鉛」      + ★細胞膜への浸透性を高める「亜鉛イオノフォア」成分を配合  ◆EGCg:90mg/1カプセル  ☆一般的なペットボトル緑茶のEGCg含有率が約0.06mg/ml(注1)      ↓  ☆1カプセルに約1.5L分のEGCgが含まれています♪   (1日の目安は2カプセル)  ※カテキンの総量:一般的な緑茶 約800ml相当/1カプセル  ◆ケルセチン:20mg/1カプセル  ☆農薬や酸性雨汚染のリスクが少ない   マメ科エンジュ由来のケルセチンを100%使用 ★「亜鉛」+「亜鉛イオノフォア成分」★      ↓ 植物由来の『亜鉛イオノフォア』サプリメントの実現。 -+-+ バイオロジー研究の成果 +-+-+- ◆スペイン ルビーラ・イ・ビルジーリ大学  Husam Dabbagh博士の研究成果から <画像10> 世界ではじめて 亜鉛イオノフォアのはたらきが期待できる 2つの植物ポリフェノールを発見。 <実験成分の説明> ◆クリオキノール  :亜鉛イオノフォアとして認められている   抗真菌化合薬品(飲用不可) ◆EGCg(エピガロカテキンガレート)  :緑茶に多く含まれるカテキンの特定種 ◆ケルセチン  :タマネギやエンジュに多く含まれる成分 <画像11> (1)クリオキノールの透過性を100と設定 (2)EGCg:約75%の透過性 (3)ケルセチン:約50%の透過性 ★植物のチカラで「亜鉛」を細胞内へ届ける 「亜鉛イオノフォア」作用を実現しました。 -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+- ◆内容量  60カプセル(約30日分) ◆お召し上がり方  1日2カプセルを目安に水またはぬるま湯などでお召し上がりください。 ◆ご使用上の注意 ※本品は多量摂取により疾病が治癒したり、  健康が増進するものではありません。 ※原材料を参照の上、食物アレルギーのある方は  お召し上がりにならないでください。 ※体質や体調によりお体に合わない場合は、  摂取を中止してください。 ※乳幼児・小児は摂取を避けてください。 ※現在治療を受けている方は、医師にご相談の上、  お召し上がりください。 ※小児の手の届かないところに置いてください。 ※品質保持のため、開封後は開封口のチャックを  しっかり閉めて保管してください。 ※天然由来の原料を使用しているため、  色やにおいが変化する場合がありますが、  品質には問題ありません。 -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+- -+-+ 研究結果の出典 +-+-+- Dietary polyphenols display zinc ionophore activity and modulate zinc signaling in hepatocarcinoma cells Copyright 2015 Husam Dabbagh Bazarbachi Reposted with permission from Dr. Husam Dabbagh Bazarbachi ※当製品の監修者でもある博士ご本人より  特別な掲載許可をいただいております。 注1:吉川 秀樹, 橋口 美智留著 京都光華女子大学短期大学部研究紀要 『ペットボトル緑茶のカテキン、カフェイン、テアニン含量』 をもとに計算。